アクシデントに遭遇

ひと口に損害保険と言っても、さまざまな種類があります。損害保険は大きく分けてノンマリン分野・マリン分野とに分けられます。マリンとは「マリン・インシュアランス」の略で、海上保険(船舶保険と貨物海上保険に加えて運送保険も含まれます)を意味しています。ノンマリンとは「ノンマリン・インシュアランス」の略で、マリン以外の保険、すなわち、自動車保険・傷害保険・火災保険・賠償責任保険などを意味します。私たちは、事故・病気・災害といったアクシデントに、いつ遭遇してもおかしくない生活環境に身を置いています。そして、それらの突発的事故に対処するため、多くの出費が必要となります。そのリスクに備えるのが損害保険です。ここでは、その種類と内容を簡潔にご紹介しましょう。自動車保険は、事故の際、運転者・同乗者・相手、車両・対物の損害に対して補償される保険。火災保険は、建物や家財の被害に備える保険で、自然災害・水漏れ・盗難に適用されます。地震保険は、地震・噴火・津波により建物や家財が損害を受けたときに適用される保険。傷害保険は、事故による入院や通院、死亡に適用される保険。海外旅行保険は、海外旅行中の病気や怪我、盗難などに対処する保険。自賠責保険は、交通事故で相手を死亡・相手に怪我を負わせた場合に適用される保険。賠償責任保険は、他人に怪我を負わせたり、他人の物を壊したりした場合に補償される保険です。そのほか、病気や介護に備える医療費用保険・介護費用保険、ゴルファー保険、レジャー保険など、損害保険の種類は実に多岐にわたっています。

海-イルカ