不測の事態

ひまわり日常には、病気やケガ、死亡、事故など不測の出来事や、火災、台風や地震などの自然災害、第三者への損害賠償責任の負荷や事業などで起こりうる不利益など、問題をあげればきりがありません。このようなリスクには、個人の力だけで対処するのは難しいのではないでしょうか。そこで、同じ不安を感じている人から一定金額を集めて、万が一の事態に備えようとするのが保険です。この保険の中で損害保険という保険があります。この損害保険とは、たまたまの問題によっておきた損害を補うための保険の事です。実損払方式と言われるのが、中心となっています。その種類は、大変多く、自然災害、ケガ、盗難、または損害賠償責任など、リスクに応じ必要になる損害保険も変わってきます。法人向けと個人向けがあり、個人向けには、自動車の保険、火災保険、地震保険、傷害保険、旅行保険があります。また法人向けも、様々なニーズに対応しています。損害保険で気を付けなければいけない事は、補償範囲が細かく決まっているので、その中から出た事故や災害にはお金が支払われないのです。よって、どんな保険をかけるのかを各自確認する必要があります。この損害保険の偶然のリスクに備えるとは、「起こるかもしれないし、起こらないかもしれない危険」に備えるという事です。損害保険は例えば、交通事故で怪我などをした場合に「交通事故を起こしたら保険金がいくら」という決まった金額ではなく、「交通事故で発生した実損額を支払う」という前述の「実損払方式」ですので、生命保険や入院保険の、亡くなったりした場合にはいくら支払うという契約とは全く違うのです。よって損害保険は想定されるリスクに対して最適の保険を掛けることがとても重要なのです。