自賠責保険

損害保険の種類には様々なタイプがあります。しかし、ほとんどの人にとっては難しすぎてどんな損害保険の種類がいくつあって、それぞれがどのような役割を果たす保険なのかというのが詳しく分からない方が多くいらっしゃることでしょう。損害保険には、主に利用されるものとして5つの種類があります。一つに、「火災保険」と云われる保険です。これは、例えば火災や落雷などによる災害で自宅建物が燃えてしまったり家財道具が水に濡れてしまった場合に修理が必要になってきますが、この修理費用がもらえる補償の保険になっているものです。二つに「自動車保険」ですがこれは車を乗っている方であれば加入しているものになりますから誰しもわかっているものだと思いますが、契約車両を運転中に事故を起こしてしまって相手側がいた場合相手となる人にケガを負わせてしまったり、相手車両に被害を与えた時に損害金を支払う補償となっています。三つに「自賠責保険」と云われるもので、契約車両を運転中に相手方にケガを負わせてしまった場合にお相手の方へお見舞金として支払う補償になっています。この自賠責保険は、車検時などに加入が強制されている保険ですが、補償できる額には限度額があります。四つに「賠償保険」ですが、これは他人に怪我を負わせてしまったり物を壊してしまった場合にこの損害金を相手の方へ支払うものとなっています。五つに「積立保険」と云われるものですが、一定の期間で補償を受けながらも満期時にも決められた満期金がもらえる保険となります。このように損害保険の種類には様々にありますが、基本さえわかっておけばそこまで難しいものではないのです。